RPAソリューション

 

「RPA」(ロボティック・プロセス・オートメーション)の略でロボットによる業務自動化の取り組みを表す言葉です。海外では「デジタルレイバー(Digital Labor)」や「仮想知的労働者」とも言い換えられ、人間の知能をコンピューター上で再現しようとするAIや、AIが反復によって学ぶ「機械学習」といった技術を用いて、主にバックオフィスにおけるホワイトカラー業務の代行を担います。

 

超高齢化社会を控えている日本。その中で、労働者人口の減少は深刻な問題となっています。その課題に対してメディアでも多く取り上げられている「仮想知的労働者(RPA)」が今後のITに大きな影響を及ぼす様になって来ることは明白です。

今までシステム導入においては、「システムが行うこと」「人が行うこと」と業務や作業の分担を線引きしておりましたが、「RPA」を活用することで、

「人でもシステムでも、どちらがやっても良い業務や作業」

を「RPA](業務ロボット)が代行することできる時代がやって来ます。

 

 

当社では、流通業界・アパレル業界など長年に渡り手掛けてきた業務アプリケーション開発の経験と実績があります。新しいジャンルのノウハウを積極的に取り入れつつも、今まで当社にて培ってきたノウハウも最大限に活かしながら、貴社のビジネス展開のアプローチをサポートしてまいります。

 

 

求人情報・エントリーはこちら

採用情報