次世代に続くチャレンジを

キャリア採用に応募する

ウエルストーンの新しい歴史を創る

ウエルストーンは今年で、25周年を迎えます。
四半世紀という期間で、我々は、さまざまなことにチャレンジしてまいりました。
金融・保険・通信関連のビジネスにて、堅実かつ着実な実績をあげつつも、
コンビニエンスストアでの通販商品受け取りサービス、
検索エンジンソリューションを軸としたソリューションビジネス、
アパレル業界向けのソリューション事業など、他社とは異なるビジネス路線を展開しています。
この節目となる年を新しい起点として、我々が今なすべきことは、
新しい四半世紀にむけて礎となる実績を積み、新しい歴史を創って行くことだと思っています。

ウエルストーンを支える3つの柱

  • エンジニアサービス

    これまで培ったSI事業の顧客ビジネス連携のノウハウを基に、更なる高付加価値ビジネスをご提供します。

  • 受託開発

    先進的な製品やサービスを駆使し、お客様に最適なソリューションをワンストップでご提供します。

  • プロモーションサービス

    「コンビニ受取サービス(スマートデリバリーサービス)」の展開からコールセンターや各種倉庫作業の代行などプロモーションサービスをご提供します。

人材育成について

ステップアップに合わせた各種キャリア研修を豊富にラインナップ。
技術スキル、ビジネススキル、マネジメントスキルの3つの研修プログラムで、
技術者としてだけでなく、総合的な人間力を高め、キャリアアップすることが可能です。

  • 技術スキル

    エンジニアに求められるテクニカル能力

  • マネジメントスキル

    コミュニケーションやプレゼンテーションなど社会人として必要な能力

  • ビジネススキル

    上級SEに求められる組織の目標達成のために人をまとめ、動かす能力

キャリアマップについて

ひとえにエンジニアといってもその貢献の仕方はさまざまです。
ウエルストーンでは一人ひとりが考えるエンジニアとしてのキャリアアッププランに合わせて従事していく業務や
組織内での役割を考えていきます。
3つのキャリアアッププランに照らし合わせてひとりひとりのキャリアアップを考え、
これに即した人事マネジメントを実践していきます。

社員インタビュー

-私にとってのチャレンジ-

  • 2006年入社
    T.K

  • 2004年入社
    C.M

  • 2012年入社
    K.A

「新しいサービスの確立」

私は2006年に第二新卒として入社し、SESでエンジニアとして業務を担当してきました。

テストや修正を約1年経験した後、サブリーダーとして証券会社の開発グループに配属され、
20名程のチームのサブリーダーを務めましたが、その時期から段々と管理職としての意識が芽生えてきました。

お客様への提案する姿勢やサブリーダーとしての経験を評価され、2012年、パッケージ製品の専任業務への辞令を言い渡されましたが、
当初は責任のある仕事だと感じ、すぐには答えを出すことが出来ませんでした。

しかしこれから先、自分自身のスキルアップの為にも必要な通り道だと覚悟を決め、辞令を請けさせていただきました。
その後、担当メンバーも徐々に増えて行き、現在はプリセールスとして営業とお客様先を回っています。

次のチャレンジとしては、会社の強みと言える新しいサービスやパッケージを確立したいと考えていて、少しでも何か会社に貢献できればと思っています。
グローバル化が特に進んでいるIT業界。日本に留まらず、私たちももっと視野を広げて取り組んでいきたいと考えています。

2006年入社 T.K

430

「若手社員を受け入れる現場の体制作り」

2004年に中途で入社しました。他職種からの転職だったので全てが一からでした。
前職の業務で自社や取引先のシステムをユーザとして使う機会が多く、興味を持ちました。

入社してからテスターの運用やシンクライアントのヘルプデスク、試験環境の整理などを経験しました。手探りでやってきて、もちろん覚えることも多かったのですが、とてもやりがいのある仕事だと感じました。

2年前、メンターに任命され、若手社員3人の教育やサポートを経験させて頂きました。

教える立場となり、自分でもしっかり理解していなくては説明出来ないので、事前に調べることも行いました。答えを言ってしまうのは簡単ですが、”答えを導く力”を本人たちに身につけてもらうことはとても難しいことだと実感しました。

今後は、現場チームとして、毎年安定して若手社員の受入体制を作れるようにしていきたいと思います。そのために課題準備などを早めに取り組んでいきます。

2004年入社 C.M

440

「プロジェクトマネージャーを目指して」

私は、前職でもSI事業を行っている会社に所属していましたが、
商流が深い為、なかなか上流工程に携わったり、同じ会社の仲間と同じ現場で働く事がほとんどありませんでした。

ワンランク上の仕事にチャレンジしたいと悩んでいる時に、知人に紹介を受け、
2012年にウエルストーンへ入社しました。

入社してからは、バッチシステム開発、営業向け支援ツール等のプライム案件に携わり、
同じ会社の仲間と仕事を共有できる喜びを実感した事を今でも覚えています。

また、私は以前より、Webシステム開発に挑戦してみたいと思い、書籍で学習していたのですが、
実務経験が不足していた為に、なかなか良い機会を得る事ができませんでした。

そんな中、公共系プロジェクト参画のお話を頂き、希望していたWebシステム開発に携わる機会が巡ってきました。
これもプライム案件率が高いウエルストーンならではの事だと思います。

その経験が評価され、現在は課題や顧客要望の対応、及び中堅社員のサポートに取り組む事ができるまでに成長。
今年から管理職を任されており、新人から中堅社員数名の管理やキャリアアップにチャレンジしています。

来年は、プロジェクトマネージャとなる事を一つの目標としています。
案件を拡充していき、新入社員や中堅社員の増員計画を立て、マネジメントにもチャレンジしたいです。

2012年入社 K.A

データで見るウエルストーン

  • 入社を決めた理由

  • 働く環境で自慢できること

  • 年齢構成

  • 男女比

働きやすい環境づくり

働く全ての人々がはつらつと前向きに、働きやすい環境の確保に努めています。

  • 休日休暇
    休日:土曜、日曜、祝日
    休暇:夏期休暇、冬期休暇、年次有給休暇、特別休暇(※1)
    ※1 産前産後休暇、育児休暇、育児短時間勤務制度、結婚休暇など
    人事育成制度
    目標管理プログラム
    キャリア支援プログラム
  • サポート
    各種保険
    (関東ITソフトウェア健康保険組合、厚生年金保険、健康保険、 労災保険、雇用保険)
    交通費全額支給
    社員互助会
    懇親会サポート制度
    定期メンタルヘルスチェック
    資格報奨金制度
    健康診断

盛んな社内交流・イベント

  • 4月 新入社員歓迎会

    これから一緒に働く新入社員の方には、多くの素敵な先輩を知ってもらいたいもの。毎年趣向を凝らした企画で盛り上がります。

  • 7月 バーベキュー

    場所や食料、お酒などをみんなで調達し、あとはひたすら食べる、飲む、食べる。社員の家族も参加できるイベントです。

  • 10月 社員旅行

    現地の文化に触れたり、いつもと違う体験をして、心も身体もリフレッシュしてもらいます。毎年、行き先はアンケートを行い、決定します。

  • 12月 コンベンション

    全社員が集まり、今年度の総括と新年度の新しい目標を確認する重要なイベントです。

応募フロー

エントリー

メールでエントリーもしくは必要書類をお送りください。
<履歴書(写真付)>

書類選考

書類審査
※1週間程度で書類選考を行います。

1次面談

1次面談
※面談終了後、1週間程度で選考を行います。

2次面談

2次面談(役員)
※面談終了後、1週間程度で最終選考を行います。

結果通知

結果通知

条件提示

条件提示
入 社

ウエルストーンの新しい歴史を創る。

ウエルストーンは今年で25周年を迎えます。
私たちは創業当初から様々なことにチャレンジしてまいりました。
金融・保険・通信関連のビジネスにて、着実に実績をあげてきました。それだけでなく、コンビニエンスストアでの通販商品受け取りサービス、検索エンジンソリューションを軸としたソリューションビジネスやアパレル業界向けのソリューション事業など、他社とは異なるビジネス路線も展開しています。
この節目となる年を新しい起点として私たちが今なすべきことは、次の四半世紀にむけて新しい歴史を創っていくことだと思っています。

ウエルストーンは「新たな技術と価値を創造するために常にチャレンジし続けます」というビジョンのもと、成長と拡大を続けています。
今年25周年を迎えましたが、私たちはどんなに会社の規模が大きくなったとしても、『チャレンジし続ける』という精神を大切にしています。
年齢や入社年次に関わらず、誰にでも意志表明をすることができ、それを支えてくれる頼もしい仲間たちがいます。
ウエルストーンのビジョンに共感し、「ウエルストーンの新しい歴史を創りたい!」という方を心からお待ちしております。

株式会社ウエルストーン 採用・研修担当 小森 寛子

キャリア採用に応募する